juwi自然電力オペレーション

PURPOSE私たちの存在意義

自然電力は、青い海や緑の山々を身近に感じて育ってきた創業メンバー3人によって日本で生まれました。
2011年3月11日の震災の3ヶ月後、3人を突き動かしたのは誰かに頼るのではなく、“自分たちの未来は自分たちでつくる”という強い想いでした。

そして、juwi自然電力オペレーションは2013年、自然電力と、世界有数の風力・太陽光 開発・EPC企業であるドイツのjuwi AGによる国際ジョイントベンチャーとして、世界標準のO&Mサービスを日本に提供するために生まれました。

私たちは、この青い地球を未来につなぐために、自然エネルギーへの転換が最大のインパクトを持つと信じています。
地球上の環境負荷が増し気候変動が加速する中、エネルギーの転換を1日でも早く実現するには、共通の想いを持った世界中の仲間たちとの共創が不可欠です。
私たちは、より多くの人々が地球上で幸せに暮らし続けるため、その第一歩として“自然エネルギー100%の世界”を仲間と共創します。

さらに、私たちはエネルギーから、世界の課題を解決することを目指しています。
大きな挑戦は短期的な利益の還元にとどまらない、青い地球と次世代のために再投資する新たな資本主義の仕組みを構築することです。

画一的なグローバル化ではなく、世界中のローカルをつなぎ、新たな価値を生み出すネットワークを創ります。

自然電力グループは、青い地球を未来につなぐため、挑戦し続けます。

SERVICESサービスメニュー

再生可能エネルギー発電所の結果的な発電量を左右するのがO&M(オペレーション&メンテナンス:運営・保守)。
自然環境の中に設置される発電所が長く安定して発電を続けるためには、適切な運営・保守を通じて、故障を未然に防ぎ、また不具合に迅速に対応することが不可欠です。
juwi自然電力オペレーションには、日本および世界で発電所運営を手掛けた様々な分野のプロフェッショナルが多数在籍しています。
365日監視の充実したサポート体制で、発電所の安定した運営を実現します。

詳しく見る


運用している太陽光発電所の、発電量や売電収入が予想より低い、設備がよく故障するなどのお困りごとはありませんか。太陽光発電所は故障の発見が難しいため、修理が遅れ売電損失が膨らんでしまうおそれもあります。

当社では、これまでに多数の発電所のO&Mを実践してきた経験をもとに、見えにくい不具合や予防的に修繕が必要な箇所を洗い出します。竣工前や保証期間が過ぎる前、またはセカンダリ物件としての購入前における第三者評価としてもご利用いただけます。

詳しく見る


OUR STRENGTHS私たちの強み

再生可能エネルギー発電所に特化したO&M事業を展開するjuwi自然電力オペレーションならではの、高品質なサービスが選ばれる理由です。

  • 当社が管理している発電所は、北は北海道から南は鹿児島まで。自然災害や機器トラブルが発生した時も、日本全国にわたり迅速かつリーズナブルな対応が可能です。

  • 発電所のO&Mには電気だけではなく、通信に詳しい技術者も在籍しています。多種多様なトラブルに対し的確な対応が可能です。また、グループ全体で土木に関するトラブル対応もいたします。

  • 当社がサービスを開始した当時から、国内ではまだ珍しかったヨーロッパ仕様とも言える、ストリング単位のモニタリングを365日休むことなく提供しています。トラブル発生時も問題発生の箇所を迅速かつ詳細に見つけることができます。また、モニタリングのデータを含めた上での問題分析をいたします。

  • 発電所への企業の関わりや機器流通は国内に留まらず、ボーダレスな対応が必要となる場面も多くあります。当社では業務上のやり取りはもちろん、提出する各種書類・報告書においても英語での作成が可能です。日本の商習慣に合わせた対応も、インターナショナルな環境に合わせた対応も実施いたします。

太陽光発電

太陽光

522.8MW
風力発電

風力

4.0MW
発電量合計

合計

526.8MW
  • 北海道

    1.8MW
  • 東北

    117.8MW
  • 関東

    98.1MW
  • 中部

    37.0MW
  • 近畿

    44.0MW
  • 中国・四国

    36.3MW
  • 九州・沖縄

    191.7MW

O&M契約累計実績 2022年2月末時点

NEWS最新情報