東北電力管内の太陽光発電所向けPCSオンライン化キャンペーンのご案内

こんにちは、juwi自然電力オペレーションのブログ編集部のいしかわです。

今回は、東北電力管内の太陽光発電所を対象とした、パワーコンディショニングシステム(以下、PCS)オンライン化キャンペーンのご案内です。

 

報道等でご存じの方も多いと思いますが、2022年4月、東北電力管内では初となる「出力制御」を行うという発表があり、実際に出力制御が行われました。
これまで、出力制御は太陽光発電が盛んな九州電力管内でたびたび行われてきましたが、東北電力の発表を皮切りとして、中国、四国、北海道電力管内の太陽光や風力発電事業者へも対象範囲が広がってきております。

 

そこで当社では、PCSを出力制御機能付に切り換えることで出力制御の時間を短縮でき、かつ現場担当者様の負担を少しでも減らすべく、「PCSオンライン化工事キャンペーン」を展開しています。
通常当社で提供している工事価格よりも20%値引きしているキャンペーンです!

 

一般的に出力制御が行われやすいのは、好天で太陽光発電量が増える日、かつ低需要のタイミングです。よって土日や祝日、大型連休などに行われる傾向があります。

 

そもそも出力制御の時間を抑えるためには、発電所を出力制御オンライン化いただくことにより、出力制御量の低減が可能となるため、PCSをオンライン化対応に切り替える事がポイントとなります。既にオンライン化対応していると思われている事業者様も多く見受けられますが、実はインターネットを介した対応は「オンライン化未対応」となります。電力会社からの出力制御要請の連絡に基づき、担当者が遠隔で(インターネットを介して)発電所の停止・再開の作業が発生していれば、「オンライン化未対応」となりますので注意が必要です。

 

また、出力制御機能付きPCSに切り替えている場合、未対応の発電所に比べて実需給に近い柔軟な運用が可能であり、出力制御量の低減に繋がっています。

 

もし管理されている太陽光発電所が、オンライン制御に対応しているのか、オフライン(手動)制御なのかご不明点や、ご不安なことなどあればぜひお気軽にお問合せください。

 

現在は東北電力管内の太陽光発電所を対象にしておりますが、今後エリアを拡大しキャンペーンを展開していきます。

次回は、出力制御オンライン化工事についてご紹介していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

お問い合わせ

サービスに関する詳細な情報は下記よりお問い合わせください。